知的障害児教育の実業高校をめざして、昭和44年度に開校した私立の8年制の特別支援学校です。

学校案内

先生の声

専攻科担任(教諭:古圧 勝博)

現場(職場実習)

今年も専攻科(進路指導)の担任となり、子どもたちを現場(職場)実習の送り出す機会がありました。光の村からの現場実習は、近辺にある会社や事業所に行くことが多く、実際に光の村を卒業した先輩たちが働いている箇所はほとんどで、基本的な理解があるという理由です。

 

担当(教諭:清水 智)

これからの紙器実習場

光の村紙器実習は光の村は光の村開校以来続いている実習場です。指先の巧緻性を高めるという目的から、「摘まむ」「押さえる」「摩る」などの作業中の動作を通して、力加減・感覚・細かな動きなど、生徒それぞれの課題の克服に取り組んできました。

どの生徒にもそれぞれに合った作業を提供することができるかが今後の一番の課題です。また、どんなに製造に追われていても生徒一人一人の成長を感じることができるような実習工場を作っていきたいと考えています。