知的障害児教育の実業高校をめざして、昭和44年度に開校した私立の8年制の特別支援学校です。

学校案内

中学部

1.中学部教育の基本的な立場

  中学部は、中・高・専8ヵ年教育の最初の学部であり、「くらし・しごと・からだ」の基礎作りにおいて重要な学部となります。あとがあるという考え方ではなく、仕上げの学部という心構えで教育を進めていきます。本校には高等部・専攻科がありますが、この時期にも社会へ生産的に参加できるように、職業生活や一般日常生活指導に重点をおいて指導します。
 中学部は、青年期のはじまりでもあります。普通の子供でもそうですが、知的障害児もこの時期には、生理的にも心理的にも大きな変化がはじまり、社会的にも独立へと移行する時期になります。良い発達はよい教育の中でのみ獲得されます。その意味でも、心身の調和的な発達が、より促進されるような教育を組織し、総合的な良い指導を展開していきます。

2.中学部の教育目標

1.基本的な生活習慣を身につける

 中学部へ入学してきた生徒には、しつけが不十分で気まま勝手な行動をし、生活技能もいいかげんな者が多いため、早期に正しい方法を身につける指導を徹底します。中学部の生活技能はより正しく、より速く、より多くのことがこなせることをねらい、学校生活のあらゆる場面で徹底した指導をし、家庭とも緊密な連携をとって定着させていきます。

2.体力の増強を図る

 基礎体力作りを目ざす「朝の体育」(サーキット・トレーニング)、体育(教科体育)、作業(土木、建設、農耕、製パン、紙器、木工)、単元学習等を通して、全身の持久力を向上させていきます。筋力を高め、柔軟性を育て、体格を整え、姿勢を正し、巧緻性を磨き、器用さを育て社会生活の基礎固めをしていきます。

3.集団生活への積極的な参加と適応を図る

 入学すると、寄宿舎学校の集団生活へ適応することを要求されます。気ままは許されず、集団への参加能力もクラス単位から、学部集団、学校集団へと高めるよう、役割活動、クラブ活動、生徒会活動等、具体的で活発な活動を計画して、社会に適応する素地を育てます。

4.意欲の向上と自主的態度の育成を図る

 実生活の「生」の生活を学習場面では多く持ちこみ、生徒の能力に応じた学習を展開する中で、自分の持ち場を正しく理解し、自主的に、正確に、几帳面にこなす指導を徹底し、自立への自身を育て、意欲を引き出すように指導していきます。

5.働くことを教える

 作業教育や生活単元学習、現場実習等、生徒達が実際に働き活動する場を学習の中心におき、働くことの経験をより多くさせて、勤労への意欲を高め、職業生活に必要な基礎的な態度を養います。

3.中学部の教育内容

 中学部においては、これまでの小学校で身につけたものを更に伸ばし、将来の職業生活や日常生活に必要な基礎的なものをしっかりと身につけていきます。

1.中学一年生

 体は青年期に一歩踏み込んでいても、体力・柔軟性・巧緻性の面には問題があり、心にもまだ自己中心的な幼児性が残り、暮らし方もことばも未発達な者が多いため、まず指示に従い。集団行動ができるところから始めていきます。たしかな家庭人、たしかな市民、たしかな職業人として発達するための最も基礎的な資質を育てます。

2.中学二年生

 中学一年生の基礎作り、「からだ・くらし・しごと・ことば」の指導を引き継ぎ徹底して全人的な発達を図り、職業生活に具体的に結びつく作業学習、校内実習への参加によって、就労に対する意欲と態度を育て、職業人としての基礎的な技能、態度を訓練し、仕事への理解を深め現場実習に備えます。

3.中学三年生

 中学部卒業時に就職することができるぐらいの生活能力や集中力、持続力をつけて、社会に通用する人間の基礎を仕上げます。このために現実的な形で、職業人として社会参加の態度、知識を体得させるために、ある期間の現場実習を計画し実施します。(家庭学校中の現場実習を積極的に取り上げます)